講師のご紹介Teachers

秋澤 伊岐 – あきざわ いき -(教室代表・グループレッスン講師)

 よしみ いき

武庫川女子大学 音楽学部楽学科 ピアノ専攻卒業
元大阪教育福祉専門学校講師  1997年おんがく教室ムジカビーバ設立
社団法人PTNA全日本指導者協会指導会員 宝塚支部所属
前橋道子氏  故河上敬三氏  児玉陽子氏の各氏に師事

レッスンへの想い

早いもので「ピアノの先生」になって30年以上が経ち、ムジカビーバ設立から20年が経ちました。「夢の音楽教室」はまだまだ発展途上であり、悩みも多くはありますが一人でも多くの方に「音楽を一生涯の友としてほしい」という希望を持って教室作りに情熱を傾けています。
物質的には随分豊になった近年、日本のピアノ普及率はかなりのものです。
しかし「ピアノを弾き楽しめる人」はまだまだ少数。公営のホールも立派なものが建てられクラシックの演奏会も行なわれていますが「演奏会に足を運び楽しむ人」も少数です。これで本当に「豊か」といえるのでしょうか?
教養を高めるとは決して学業の成績を上げる事ではなく、生活を「豊か」にする事であるはずです。
「音楽を一生涯の友に」常にこの思いを大切に幼児から高齢の方までの日々のレッスンを行なっています。そんな思いが通じて、長いお付き合いとなってる生徒さんも数多く「中高生になっても社会人になってもやめない教室」である事が何よりの自慢です。

自己紹介

教室代表者の善見です。代表者として 先生・行事企画係・事務員・電話番・清掃係そして主婦&母親などなど兼任の為日々忙しくしておりますが仕事が大好きで趣味はレッスン。レッスンをしている時が一番自分らしく幸せな時かも知れません。
ピアノ基礎科では楽譜のまだ読めない幼児の生徒さんを「楽譜の音を読み鍵盤で音にする」ところまで導く事が主な仕事です。そのために幼児教育のドリルなどを研究しヒントを得る事も多くそんな研究をする時間もとても大切にしています。
中学生の娘がいます。できる限り一緒に過ごしたいという思いと仕事をしたいという思いの葛藤が一番つらいですが常にバランスを考えうまく両立させていきたいと思っています。娘もピアノを弾いています。「練習をさせる親の気持ち」もよくわかります。毎日の練習管理は大変ですよね。ご父兄とはそんな事も気軽にお話していきたいな…と思っています。

井上 朝葵 – いのうえ さき -(ピアノ科講師)

いのうえ さき

神戸女学院大学 音楽学部音楽学科 ピアノ専攻卒業
第25回ベガ・フレッシュコンサート出演 第12回ベガ新人演奏会出演
轟木裕子氏、山上明美氏の各氏に師事 社団法人PTNA全日本指導者協会指導正会員
神戸中央支部所属
ピティナ・ピアノ指導者ライセンス全級取得

レッスンへの想い

いつも想い願うことですが、最終的には皆さんがそれぞれ自分の力で楽譜を読み、音楽を作り上げていく力が身に付いてほしいと思っております。
音楽を学ぼうと来られる生徒さんの目的は様々です。
気になったときは常に相談して、要望に合ったレッスンができればと思います。

昨今は、ピアノ教育がどれだけ脳の成長に良いかを科学的に紹介されている機会が多いです。
それはピアノを弾くことということが、指先だけでなく頭を使い、足を使い、音楽を身体全体で使うからだと思います。
スポーツとはまた違う身体や心の感情の喜びが音楽にはあります。

ムジカは、皆さんが望めば音楽を表現する場がたくさんあります。
人前は恥ずかしい、、と思いますが、自分の気持ちをピアノに乗せて届けるのが音楽です。
ぜひ、表現することを怖がらず素直な心を解放していってほしいです。

そして、「特技はピアノです!」と堂々と言えるようになってほしいです。
一緒に切磋琢磨していきましょう!

自己紹介

こんにちは、井上朝葵です。 名前の読みが難しいのですが、サキと読みます。
夏生まれにかけて、朝顔(あさがお)と向日葵(ひまわり)を組み合わせてできた名前です。
ピアノは4歳から始めました。
始めは母の手ほどきでしたが、次第に個人の先生宅へと移り、本格的にピアノを学び始めました。
いつも皆さんの気持ちが痛いほど、分かるのですが私も練習はあまり好きではありませんでした。
特に、小学生時代は音楽会のオーディションも狭き門でなかなか選ばれませんでした。
しかし中学生時代が転機でした。コーラス部に入りそこで多くの合唱曲の伴奏をする機会を得ました。
そのとき「誰かに必要とされる」喜びを初めて知ったのです。
後は現在に至ります。自分のピアノが誰かの役に立つと知ってからは練習も内容も質も変わりました。
皆さんのピアノも誰かを励まし、時には自分も元気になるように楽しく続けていってほしいです!

福澤 里泉 -ふくざわ さとみ -(ヴァイオリン科講師)

はせがわ まこ

4歳よりピアノ、11歳よりヴァイオリンを始める。京都市京都堀川音楽高等学校、京都市立芸術大学卒業。第9回日本演奏家コンクール第2位併せて協会賞受賞。第12回大阪国際音楽コンクール第2位など、数々のコンクールに入賞。
2012年に京都青山音楽記念館バロックザールにてソロリサイタル開催。2015年には日本演奏連盟・文化庁主催による大阪のいずみホールにてソロリサイタル開催。
兵庫芸術文化センター管弦楽団コアメンバーとレジデント・プレイヤーを経て現在、ソロや室内楽、オーケストラ、指導者として幅広く活動。

レッスンへの想い

音楽には、聞く人の心を勇気付けたり幸せな気持ちにしたり色々な感情にさせ、想像以上のパワーがあります。音楽ってこんなに楽しいんだ、素晴らしいんだと思う人がこの世の中に一人でも多く増えてくれたらと心から願います。
私自身はヴァイオリンは11歳から習い始めており、周りと比べると決して早くはないですが、誰にも負けない音楽への情熱と、自分の師匠の言うことをコツコツ毎日続けてきたから、今の自分があるのかなと思います。なので、遅くからヴァイオリンを始められた方でも音楽を本当に楽しみながら、毎日言われたことをコツコツこなせれば大丈夫です‼
ヴァイオリンを弾くことは決して簡単ではありませんが、自分の尊敬する素晴らしい師匠から受け継いだ世界的な技術、プロの現場で学んだ経験を私なりに優しく、楽しく、時に厳しく、生徒さん一人一人に合わせて精一杯伝えていけたらと思います。また生徒さん全員がもっともっと音楽を好きになってくれたらこんなに嬉しいことはありません。皆様の成長をサポートさせて頂けること、心よ り楽しみに しております!

自己紹介

❤︎好きなこと❤︎
美味しいものを食べること。
美味しいお店を見つけること。
料理すること。
陶芸で作品を作ること。

両親の影響で小さい頃からクラシックばかりの環境で育ってきた私。
高校も大学も卒業してからもクラシック尽くしでしたが、最近は
『パフォーマンス・カンパニー 宇宙ビール』
という演劇の中で、役者に混じって演技をしながらヴァイオリンを弾いたり、ダンサーさんと即興でコラボして弾いたり…

色々なことに挑戦していて、自分の表現の幅も広がってきています♪
良かったら私のブログも覗きに来て下さいね☆
ヴァイオリニスト・福澤里泉のブログ↓
http://s.ameblo.jp/violin54/

宋 和映 -そん ふぁよん -(ピアノ科講師)

そん ふぁよん

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業後、京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業。
同大学大学院音楽研究科修士課程修了後渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院最高演奏課程ディプロムを取得。
大阪成蹊短期大学にてピアノ指導
オフィシャルサイト http://songpiano.jimdo.com/

レッスンへの想い

私にとって「ピアノ演奏」とは、幼い頃から、自らの感情や思いの捌け口であり、周りの人を楽しませようとするための手段であり、又、学問の対象であり、更には、舞台という、特別で神聖な場所において、自分を生かしてくれるものでありました。つまり、いつもそれは「自分自身」を形作ってくれるものでありました。
元より、教えることや、「教え、学ぶ」という関係が好きですが、ピアノを指導し始めて十年が経つ今、これまでの経験を生かし、精一杯指導させていただきたいと、気持ち新たに思います。

音楽は、その人の成長と共に、其々にとって多様に存在します。生活の中における、愛しい瞬間の連続。その節々で、心の中からわき出る思いや発想を、指先で表現することができたら、どんなに素晴らしいことでしょう。 ご自身の思い描く演奏に近づくには、時には難しく、苦労されることもあると思います。その様な時は、ぜひご相談ください。少しでもお手伝いできれば、幸いです。
まずは、神経を研ぎ澄まし、音を注意深く聴くこと、音の織り成す世界に浸ることです。音楽づくりに専念することは、充実した、特別な時間です。

レッスンの最終目標は、生徒の皆様一人ひとりが、ピアノを通して音楽を奏でる楽しさを見つけ、更にご自身の演奏によって周囲の方々に幸せが伝播するということを体験していただくことです。ご自身の奏でる音楽によって、大なり小なり社会と共に響き合えるということが、皆様の自信となり、人生により豊かな彩りを添え、生き生きとしたリズムを刻んでくれることでしょう。
皆様一人ひとりが、ご自身にとって、より良き音楽体験を身につけることを願い、その為のお手伝いを一心にさせていただきたいです。

自己紹介

◇A型、しし座
◇好きな作曲家:ラヴェル、シューベルト
◇好きなピアニスト:A. コルトー、S. フランソワ
◇好きなものと趣味:美食、田舎料理、温泉、芸術鑑賞、お喋り、旅行、古いお家、ねこ etc.
幼い頃、舞踊発表会の舞台で、音楽と共に、目の前で幕が上がる瞬間、毎度とてもワクワクしていた記憶が鮮明に残っています。それが、舞台に上がることが好きになった一番の要因であると思います。
◇好きな言葉:「人は心の目でしか、よく見ることはできない。本質は目では見えないものなんだよ。」(サン=テクジュペリ著:『星の王子さま』より)
私は、音楽を奏でるということは、この‘本質’を直接的に表現する行為であると考えています。音楽は、その人の心を映し出し、真実を語るものであるが故、一つの空間においてそれを共有するということは、大変意義深く、和を生む行為であると思います。
私達は、音楽に身を委ね、時に癒され、元気をもらうなどして、生きる上で音楽を必要とします。私は、奏者であるということを誇りに思い、生涯精進していきたいと思っております。

松永 蘭香 -まつなが らんか -(ピアノ科講師)

まつなが らんか

大阪音楽大学 音楽学部器楽科 ピアノ専攻卒業
ピアノを芦田田鶴子氏、横井政子氏、故中島和彦氏、池田洋子氏、
グレンツェンピアノコンクール全国大会4回指導経験あり
音楽理論を澤田博氏の各氏に師事。

レッスンへの想い

ピアノを弾くというのは一種の“技”の習得であり、そのためには異国の言語を学ぶにも等しい“読譜”と、ピアノという楽器を自由自在に操るための“技術”が必要です。それに加え、歴史、文化、伝統、感性、表現、身体的能力、その他もろもろ様々な要素が枝葉のように広がり、この“技”を身につける事は早々簡単ではないかもしれません。
しかし、じっくり時間をかけて身についたものは財産となり、必ず何らかの形で人生を豊かにしてくれると思います。そして音楽という文字通り、音を奏でる事で自分が「楽しめる」相手を「楽しませる」ことができるようになれたら最高の喜びになると思います。
私自身、音楽に没頭できる時、又、楽しそうにピアノを弾く生徒さんの姿を見ると何とも言えない幸せな気分になります。
そして、生徒さん達にはせっかくピアノを習うのですから、より一層高みを目指して技を磨いてほしいと思っています。
そんな想いを抱きながら色々な人達との出会いを大切に楽しくレッスンしています。

自己紹介

こんにちは。松永蘭香と申します。私は3才よりピアノを始め、
中学生になるくらいまでは父にレッスンを受けていました。
岡山の出身です。
スポーツなどは苦手で、一時期体力をつけるためにスポーツジムに通った時期もありましたが(プールのみですが)やめてしまいました…。ゆっくり温泉に入ってるほうが好きですね。温泉はよく行きます。熱々の湯よりも少し温めの温泉に長時間浸かりながらウトウトするのが最高です。食べ物や飲み物も熱々より少し冷めたくらいの方がいいです。猫舌なので。
あとはピアノ以外に趣味と呼べるほどのものはありませんが、本を読んだり映画やTVやネットを見たりと自分の時間を満喫してます。外を歩くのは嫌いではありませんが、走ったり激しい運動は苦手です。運動神経も無いですし。お酒は弱いのでほとんど飲めませんが、お酒のアテ的なものは結構好きで食べます。
会話も好きで自分が知らない話や情報を聞くのが好きです。苦手なものは人混みと睡眠不足と蜘蛛です。

田附 彩織 – たつき さおり -(ピアノ科講師)

たつき さおり

2歳よりヤマハ音楽教室に通い始め、5歳よりピアノを始める。神戸山手女子高等学校音楽科、大阪音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。

レッスンへの想い

1つの事を続けるということは、簡単なようであり難しいことです。しかし、音楽は続けるほど新しい発見があり、そして音楽への向き合う姿勢、感じ方が変わっていくと思います。音楽から得られるものはたくさんあります。
ピアノと向き合うということは楽しい時もあれば、思ったようにうまくいかず嫌になること、辛いこと、色々な感情が出てくるのは誰にでもあると思います。その心の中の感情を音にするのが音楽です。1番辛い時こそ忍耐強く頑張ってほしいです。努力すればするほど音楽をより楽しむことができますし、弾けるようになった時には今までになかったような達成感や喜びを感じられます。ピアノを楽しくできるように、また、一人ひとりの個性を大切にしつつ、生徒の皆様それぞれの良い所を伸ばしていけるような充実したレッスンにしたいと思います。一緒に頑張りましょう。

自己紹介

私はピアノだけではなく、エレクトーンや、中学の部活では吹奏楽部でクラリネットをしたり、ヴァイオリンを趣味でしたり、楽器は好きです。ヴァイオリンは中学の時に3年間習っていて、高校からはピアノに専念する為に一旦辞め、大学3年の頃にまた再開しました。まだ、小学生が弾くような曲を練習していますが、ヴァイオリンは好きな曲がたくさんあるのでそれが弾けるようになる事を目標にしています。
趣味:旅行、ヴァイオリン、サイクリング
好きな食べ物:マカロン、チョコレート 休みの日はどこかに出かけたりすることも好きです。

中山 利恵 – なかやま りえ -(ヴァイオリン科講師)

なかやま りえ

4歳よりバイオリンを始める。6歳から声楽を始める。
15歳より北浦洋子師の元でバイオリンを学び大阪音楽大学入学、2年修学後、社会人となりその後渡仏。
エコールノルマル音楽院に入学、バイオリン演奏課程修学、室内楽演奏課程修学。
ドイツゾンダースハウゼン音楽アカデミーで、緒方靖子師、北浦洋子師に室内楽を学ぶ。

レッスンへの想い

音楽とは、漢字の通り音を楽しむものだと思っています。
社会人としてお仕事をしているときは、バイオリンと離れていたのですが、色々な辛いこと、嬉しいことがあるときいつも色々なジャンルの音楽が私を支えてくれていました。
渡仏するまでは毎日親に言われるがまま毎日の練習をしていました。
音を楽しむことを忘れてしまっていたところ、フランスに行き色々な文化や芸術、大好きな食事に触れいろんな感性に刺激を受け、ようやく自分の音楽を楽しめるようになりました。
だから私のレッスンではまずバイオリンに触れることの楽しさ、音の出る喜びなど、小さな小さな心の中で生まれる感情を大事にすることを第一においてレッスンを進めていきます。
生徒さん一人一人の音を楽しく奏でることを目標に、一緒に楽しく音楽に触れましょう。

自己紹介

誕生日 11月21日
血液型 A型(でもいつもO型って言われます)
趣味 旅行、お菓子作り、音楽鑑賞、映画鑑賞
私は4歳からバイオリンを始め、社会人になるまではバイオリン以外あまり趣味がありませんでした。
バイオリンと離れている間に、着物上級師範の資格や、子供が大好きなのでベビーマッサージやベビーヨガの免許も取得したりしていました。
今は、バイオリン以外は子供と一緒に歌ったり、散歩したりしています。

尾上 理絵 – おのえ りえ -(ピアノ科講師)

おのえ りえ

兵庫県出身。兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
現在、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻2回生。
第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。
第14回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA大学生部門アジア大会奨励賞。
第14回大阪国際音楽コンクール大学生部門ファイナル入選。
2014年、ウィーンで行われたVIPアカデミーに参加、ディプロマ取得。
2016年、ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演。
2017年、京都フランス音楽アカデミー参加。大学在学中、選抜により第27回ピアノフェスティバル、ピアノ専攻学内リサイタルに出演。
これまでに、西岡知子、池田寿美子、石井なをみ、迫昭嘉各氏に師事。現在、砂原悟氏に師事。

レッスンへの想い

音楽を楽しみ感じる心を大切に、生徒さんと共に成長していけたらと思っております。
テクニックを構築し、豊かな表現力を養い、ピアノって楽しい!と感じていただけるようなレッスンを心がけています。
生徒さんお一人お一人に合ったレッスンを行っていきたいと思いますので、何か気になることやご要望がありましたら、お気軽にご相談ください。
音楽が一生の宝物になってほしいと考えています。一緒に頑張りましょう!

自己紹介

誕生日 12月19日
血液型 O型
趣味 旅行、スキューバダイビング(ライセンス持っています)
中学生の時、吹奏楽部に所属しており、打楽器を担当していました。(全国大会出場経験あり)
その時の経験が、私の音楽の原点でもあり、アンサンブルが大好きです。